広島司教区本部事務局からのお知らせ 1月

+主イエス・キリストの誕生と新年のお慶びを申し上げます。

1、9月10日をもって、広島司教区とイエズス会との「広島司教区における小教区分野の司牧・宣教活動に関する契約」が改訂されました。

2、東京大司教区から出向で来られた大西勇史助祭(松江教会出身)が、広島司教区内で前田司教様の指導のもとに
  助祭の任務を行いますので、よろしくお願いします。

3、釜山教区から出向で来られていた李尚潤神父様が、契約期間を終え12月12日に帰国されました。
   これからの李尚潤神父様の働きの上に神様の豊かな祝福があるようにお祈りください。
 
4、11月24日信仰年閉幕ミサで「広島司教区予備神学校設立」宣言されました。各小教区にお知らせが配布されていますのでご覧ください。

5、第25回聖トマス小崎巡礼のお知らせ
    日時  2014年1月19日(日)ミサ 9:30~  徒歩巡礼11:00~15:30
    場所  三原カトリック教会~JR本郷駅
    協賛  備後ブロック3教会
    内容  前田万葉司教司式ミサ後、カレーライスを食べてJR本郷駅までの約13㎞をロザリオの祈りを唱えながらの徒歩巡礼。伴走車有り。
        ともに祈り、ともに歩みましょう!

6、早副神父様の納骨式が、1月20日(月)午後3時より廿日市墓地にて行われます。
  また、追悼ミサが同日午後1時30分から幟町教会で行われます。

7、2014年度「司教区への行事要望提出願い」を送付しています。1月31日必着でご返信ください。

8、カリタスジャパンが「フィリピン台風」救援金の呼びかけを行っています。各小教区での募金をお願いします。
  直接カリタスジャパンにお送りください。また、「カリタスジャパン反貧困キャンペーン『五つのパンと二匹の魚』」にご協力ください。


9、「第20回カトリック日韓青年交流会」参加者募集のお知らせ
   2014年2月21日から25日まで福岡教区で開催
   18から30歳の青年(国籍・教区不問)
   問い合わせ先 大塚了平神父 nikkanseinen2013 @gmail.com


◎司教区本部事務局のお休み:12月28日(土)から1月5日(日)まで

    この期間の対応は、原田神父携帯電話にお願いします。 
                    または、E-mail harada @hiroshima.catholic.jp



《広島地区》
1月11日(土)養成チーム会議
  12日(日)幟町、福山教会:新成人の祝福式
  12日(日)祇園教会:受験生と新成人の為のミサ
  19日(日)三篠教会:新年会&もちつき
   19日(日)地区宣教司牧評議会・第三回
   19日(日)聖トマス小崎巡礼:三原教会
  20日(月)地区司祭評議会・第九回
  24日(金)女性連合研修会
   25日(土)「祈りの体験Ⅱ」第11回:観音町教会
   26日(日)地区財務委員会
  26日(日)地区社会福祉委員会・第2回
  26日(日)広島キリスト教一致祈祷集会:幟町教会にて午後2時~


《岡山・鳥取地区》
1月13日(月・祝) 岡山鳥取地区財務委員会
         地区宣教司牧評議会&地区司祭評議会(岡山教会)
1月19日(日) キリスト教一致合同祈祷集会 10:30~
                (日本キリスト教団倉敷水島教会にて)
  

《山口・島根地区》
① お知らせ
  1月 5日(日) 地区宣教司牧評議会(地区事務局)
   1月12日(日) 信徒使徒職協議会定例会(山口)
  1月12日(日) JCNA定例会(下関労働教育センター)
  1月15日(水) 宇部小野田ブロック委員会(高千帆)
  1月16日(木)-19日(日) 地区日韓青少年の集い(山口ほか)
  1月18日(土) マリッジ・エンカウンター/ME例会(下関)
  1月19日(日) 養成:社会教説学習会(彦島:Fr林)
  1月20日(月) SJの集まり/地区司祭評議会(地区事務局)
  1月23日(木) 信者養成委員会(地区事務局)
  1月26日(日) 養成:社会教説学習会(長府:Fr林)
SJの集い1月のテーマ:「教区創立100周年に向けてのこれからの山口島根地区の取り組み」

 《青少年情報センター》
 青少年情報センターは、毎週土、日の16:00から20:00まで開いております。
 また担当者の都合により、閉館する場合もありますので、
 情報センターのHP(http://hsjc.hiroshima-diocese.net/)をご覧ください。

《世界平和記念聖堂保存活用委員会》
 学識者による「世界平和記念聖堂建造物耐震診断検討委員会」の第1回目の会合が11月22日(金)に開催されました。
 建築の専門家4名のほか行政関係の出席もあったなかで、コンクリートの劣化の問題だけでなく、土壌の問題、
 屋根の吹き替え、天井の落下防止などにも話題が及びました。さらに設計図面、構造計算図を含め当時の資料の収集も
 文化財としては重要であると指摘されました。教会が持っている資料を大切に保存する専門の部屋も、必要になってきています。
 補修資金の募金の検討に入ります。
「記念聖堂勉強会」は、1月7日(火)午後7時よりカトリック会館で開催されます。教会の歴史の中で、
 聖堂建設がどのように変化発展したかを勉強します。テキストは「キリスト教の2000年」オリエンス宗教研究所です。どなたでも参加できます。
「愛宮ラサール座禅会」は、毎月第3金曜日午後7時より記念聖堂地下聖堂で行われます。

※カトリック広島司教区災害サポートセンターのメール番号はpax @hiroshima.catholic.jp です。
 メール配信・ボランティアへの援助金などご希望の方は、上記アドレスにご連絡ください。

                                     司教区本部事務局  原田豊己神父